banner

最近の投稿

却下された場合

ビザ申請で却下される例


渡航する先の国が「この人物を入国させてもいいか」ということを判断して、ビザ申請に対してビザを下ろすものですから、もし「入国させたくない」と判断すれば却下されることもあります。
国によって厳しい、緩やかの市街がありますが、おおよその基本は「得にならない人物を敢て入国させる必要はない」というものです。
一般的に観光ビザが下りやすいというのは、滞在期間が短く、しかも自国に対して滞在期間中お金を使ってくれる人物だということが歴然としているからです。
自国への理解を深め、広く知らしめす広告塔の役目も期待できます。
そのような意味合いから、観光ビザは比較的提出書類も少なく、下りやすいビザとなっています。
ビザ申請に際し納税証明書や所得証明書などを求められますが、そこからは「属する国の義務である納税をしていない人物が自分の国で利益をもたらすとは考えられない」と判断することも出来ます。
商業ビザ申請は観光ビザ申請よりも必要書類が増えますが、求められている書類関係が求めに応じたものであれば、これもまた比較的下りやすいビザです。
自国との商業的な結び付きによって、利益がもたらされる可能性が高いものだからと判断できるからでしょう。
そういった意味では、学生ビザ申請やワーキングホリデービザ申請も受け入れがしっかりしていることや滞在中困らないだけの資産の証明出来れば、あまり却下されるものではありません。
しかしそれでも却下されることがあるのは、面接での印象が大きく左右しています。
先程の話にもあるように、国の姿勢としては「問題がなければ入国させる」というものよりも「何らかの利益をもたらす人物でなければ、入国してくれなくて結構」というものです。
面接の際に「この国でお金を使ってくれないのではないか」「このまま違法に居座るつもりではないか」「自国を乱す行いをするのではないか」という疑いが少しでも生まれれば、入局は許可しません。
ビザはその国にとって「無理をしてまで下ろす必要が無いもの」なのです。
ですから観光ビザや商用ビザ、学生ビザの順に厳しくなり、永住ビザのようにずっとこの国にいることを前提としたビザの場合には、かなり厳しく審査されることとなるのです。
デメリットがなければ申請は却下されることがないというものではなく、メリットをもたらす人物ということに重きが置かれます。
デメリットがなかったとしても、あえて入国させる必要がないのです。
また審査に関わる人が受ける印象というのも、大きく左右しますので、「こうすれば拒否されることはない」という確実性がある申請というのはありません。
傾向と対策はありますが、「絶対」ということはないのです。

 

Copyright(c) 2014 ビザ申請にかかる手数料All Rights Reserved.